ソニックワールドアドベンチャーは作りが非常に細かったというお話

どうもricoです。

あえて期末の結果には触れません。楽しい夏休みの幕開けですよ。(部活&塾)

 

今日はゲームのお話です。

ソニックワールドアドベンチャー(以下ソニワド)をご存知でしょうか。


f:id:rico86:20161007211641j:plain

 

 

 

ソニック ワールドアドベンチャー』(Sonic World Adventure、北米版及びヨーロッパ版はSonic Unleashed) は、株式会社セガ(後のセガゲームス)より2008年12月18日と2009年2月19日に発売されたWiiPLAYSTATION 3Xbox 360用アクションゲーム            Wikipediaより

 

 

 で。

こないだ投稿したこの動画。

www.youtube.com

 

ホワイトアイランドact2というステージのタイムアタック(以下TA)のボツです。

最後のミスのやっちまった感が個人的に面白かったので上げてみました。

本物のTAも撮ったんですけど自分的に納得いかないんでまだ上げてません。

キャプチャーボードの遅延のせいです僕は悪く無い

 

この動画見てもらえばわかると思いますがBGM差し替えてあるんです。

本来のBGMはステージに合ったおしゃれな曲です。

 

でねでね このBGM入れるために本来のBGMを消して撮影してるんですよ。

その時のショボさと言ったら悲しくなりますよ。

数年前にこばかいさんがソニックは音消すと楽しさ半減するって言ってたのが

やっとわかりました。

 

本題はここからですよ。

そのBGM消した味気のないTAを見てたんですよ。

そしたら! 風切り音がする!!!!

こまっけえぇ!

すごいよソニワド!すごいよセガ

見直しましたよこのゲーム。

このゲームは作りが細かいってのはよく言われてることなんですがここまでとは!

だってBGM消してやっと分かるレベルですよ。入れなくたって誰も怒らないよ。

な!の!に! もう大好きですソニワド。

 ↓ 音無しverです。0:12らへんがわかりやすいと思います。

youtu.be

2008年のゲームなのに値崩れしない理由はこういうところにあるのかもしれませんね。

 

 

今日はこの辺で!

($・・)/~~~バイバイ